インフォメーション

2014-10-07 12:57:00

日本語には「お腹」「臓器」

を使った言葉がたくさんあります!

 

先人達は、医学の発展のなかった時代
自分たちの体をよく知っていたのかもしれません。

病は氣からというように

 

氣が滅入ったり

氣がなくなった状態が


病気というのですね

 

 

 

氣が元々ある状態

すなわち

 

 

元氣といいます


氣というのは
エネルギーを取り込み

 

腹で練ったものです

 

 

つまりは

食物を摂取し
お腹でしっかり消化し吸収する作業ともいえます。

 

 

 

エネルギーを付けたければ

 

お腹が丈夫であること

 

しっかり

消化吸収できる体であること

 

 

そして内臓を働かせるのは

自律神経という神経が行っています

 

季節の変わり目は自律神経を乱しやすくなります。

 

今月はおなかセラピー月刊

冬に向けて体調管理しませんか?

 

便秘やダイエットにも効果があります!!


今月特別に5000縁にて行います!!