未病と予防

整体を受ける重要性

 本来あるべき状態から

 逸脱した状態があることで

 様々な体の場所に負担がかかります。

 体の使い方もかたよった使い方をしていたら

 歪みが起こります。

 いつも使う場所は活発に筋肉が動き

緊張していきますし、その逆は緩み筋肉は衰えていきます。

 体の異常というのはこのかたよりから来るのですね。

 かたよることにより

 更には

 循環の不良が起こり循環の大元になる

 血液がスムーズに流れていかないことが

 問題を起こしていきます。

 血液は、

 筋肉や神経に

 栄養や酸素を運ぶ

 重要な役割があるのですが、

 流れが悪くなるといのは

 この栄養や酸素が回らないということになり、

 様々な異常が起こるのです。

 痛みはこの酸素が回らない状態、

 無酸素性疼痛という状態

 もしくは、

 炎症などはプロスタグランジン

 といった痛み物質が発生し、

 血液により流れるために感じる状態です。

 内臓は筋肉血管の集まりですので、

 血流の問題の影響は大きくなります。

 病気まで行ってしまうと

 医療機関の力を借りながら必要な治療を行い、

 補助的な整体療法が効果的になりますが、

 病気には至らないいわゆる 

「未病」

 という状態においては、

 体を本来の位置に戻し

 血流の滞りが起こらないように回してあげる

 整体療法が効果があります。

 医療機関との併用

 もしくは未病状態の緩和に

 整体療法を試していただきたいと思います。
また
痛みの出てしまった状態からよくすることは
時間もお金もかかってしまいます
未病で防ぐことの大切さ
悪くならない為の予防に整体はとても重要なのです。

 体の歪みと
生活スタイルの多様化する問題に対応いたします。